2014年2月25日
パソコンは1年で買い換えたい

常日頃ツイッターで言っていますが、

「仕事パソコンは1年で買い替え」を推奨しています。

理由としては
①泣いても笑っても祈ってもパソコンは壊れる時は壊れる
②フリーランスのパソコンが壊れたぐらいで制作会社の業務に影響があってはいけない
③壊れると精神的に辛いし時間的にもキビしい

などなど色々ありますが大体この3つでおなかいっぱいです。
②などは制作会社の営業の人とかクライアントからしたら「そんな事知るか」です。

 

そんなわけでいつものように年末にマウスコンピューターのを買いました。
2013年の箱と2014年の箱を重ねています。
20130205 (1)

スペックは大体こんなもんです。
2013年作業パソコン:i7-4930 メモリ32GB 240GB SSD GTX680 水冷
2014年作業パソコン:i7-4770 メモリ32GB 240GB SSD Quadro K2000D 水冷

編集用のHDDなどは別途使い回しです。
マウスコンピューターを選ぶ理由は特に無いのですが強いて言えば、
まあまあ安い、ホームページが見やすい、ぐらいでしょうか。

 

 

中身のスペックは少し違いますが基本的に同じです。
20130205 (2)

 

 

■買い替えのメリットとデメリット

 

メリット

常にその時のそこそこのスペックのパソコンで作業できる
最高スペックはぜんぜん必要ないので20万円前後のものを選ぶようにしています、
それ以上出すと変な愛着とか生まれそうですがそれでも壊れる時は壊れます。

・常にまだそこそこのスペックのパソコンをバックアップに回せる
前に使っていたパソコンはそのまま予備機とします、一年前のなら作業も大丈夫でしょう。
ライセンスを抜く必要のあるものは抜いてそのまま放置します。
イザという時や、出先でヘビーな作業 in 3日拘束!な時はこれを送ってしまいましょう。

・心が穏やかに
まだ現役でいけるスペックのバックアップが居るというのは心強いです。

 

デメリット
・金がかかる
いくら安くなったとはいえ決して安い金額ではありません、しっかり働きましょう。

・構成を考えるのがめんどい
これが楽しいを超えてめんどくさいです…。

・入れ替えに時間がかかる
ソフト、プラグイン、システム全体の引越しは手間です…。

と、いろいろありますがメリットデメリットを乗り越えた思いがけない副産物として
・パソコンの引越しに慣れてきて引越しを見越した整理ができるようになる
・その時のそこそこの物を買うのでパソコンそのものにあんまり興味がなくなる

 

などがあります。
上記メリット、デメリットや副産物を見ると結局のところ買い替えにはメリットしかなく、
デメリットはお金のみでしょう。
今すぐ1年買い替えは無理でも買い替えスパンを1年半にするとか、
windowsにこだわらずに壊れてもすぐその辺で同じようなものが買える!
ということでMacにするとか、自分なりのルールはあっても良いかもしれません。

 

人生で何が危ないかってなんとなく漠然とやってるのが一番危ないと思います。

 

LINEで送る

Related Posts

 

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)