2013年9月28日
フリーランスってのも会社員みたいなもんで

20130816_01

 

フリーランスって自由だと思っている人ってたまにいます。
働く場所、時間、収入だって自由自在!
自分の腕一本で食っていく!

 

 

なわけないだろ!!

 

 


私も含めほとんどの映像やweb、印刷関係のフリーランスの方は、
基本的に企業や団体の活動に紐付いてお仕事をいただいていると思います。
会社員を経験したことがある人ならわかると思いますが、
そこにはクライアントが居て、ユーザーやお客さんが居て、
仕事の請け方によっては制作会社やら代理店やらなんやら色々です。
そこで起こるゴタゴタも仕事のうちです。
仕事ってのは

クライアント「なんか好みじゃない」代理店・制作会社「わかりました」

クライアント「これをどうしても追加したい」代理店・制作会社「難しいけどなんとか」

クライアント「こうしたい」代理店・制作会社「いや、ここまでしかできません」

クライアント「なんかそもそもこっちでした」代理店・制作会社「・・・・」

いろんな要望を消化したりしなかったりしつつちゃんとそれを形にするわけです。

そして、それを請けるフリーランスが
働く場所、時間、収入だって自由自在!
自分の腕一本で食っていく!?…。

 

 

訳はありませんね。
ちゃんとやる以外なんにもないです。

 

もちろん安くてさらに責任もそんなに無い仕事だけを
請け続ければ
そんなに問題も無いのかもしれません。(そんなのあるのか?)

 

もっとうまいやり方はあるのかもしれませんが、
企業活動に紐付いている限り逃れることはできません。

自分のセンス、実力が商品だ!
という方もいらっしゃると思いますが、
それでも企業活動に紐付いて仕事してたらみんな同じです。

ほとんど会社員。

ってことで
学生からナチュラルボーンフリーランスになるのを勧める学校とかたまにありますが、
大草原に小鹿ちゃんを放つようで「おお~怖い」と思ってしまいます。

天才なら別ですけど。

LINEで送る

Related Posts

 

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)